トップページ
ロータリークラブについて
東京西ロータリークラブについて
東京西RCの魅力と特徴
会員について
クラブ奉仕について
奉仕活動について
今年度の活動内容
今までの活動内容
今年度の例会案内
リンク

 




今年度の活動内容
 

2017〜2018年度

  • 会  長: 小林 光道
  • 副会長: 相川 和宏  ・ 久保 弘憲
  • 幹 事: 曾我 道治
会長ご挨拶

国際ロータリーテーマ
「ロータリー:変化をもたらす」

会長テーマ
「更なる親睦、更なる奉仕、そして前へ」

2017年〜2018年度
東京西ロータリークラブ
会長 小林 光道


 近年の世界的な社会情勢の不安定化や秩序の乱れに伴い、我々ロータリーを取り巻く環境にも大きな変化が生じています。
 イアン・ライズリーRI会長は、そのテーマとして「Rotary Making A Difference」を掲げています。2016年の規定審議会では、出席と会費に関する革新的な制定案が採択され、この改定を柔軟性と表現しています。入会に関するハードルを低く設定し、会員数の減少に歯止めを掛ける目的と思えます。幸い当クラブの会員数は、一時減少したものの、他クラブの流れに反し、ここ数年増加に転じています。まさに歴代会長のリーダーシップとそれを支えた会員の努力の賜です。我々の西クラブがこれまで以上に魅力的で、かつ存在感のあるクラブとしてあり続けるために
当年度では、
 ・ 会員基盤の充実
    数と質の維持を計る
 ・ クラブ奉仕の充実
    例会やクラブ協議会のあり方に工夫を加える。
    種々のイベントを企画し更なる会員相互の親睦をはかり、あわせて出席率の
    向上を目指し、そして奉仕へと繋げる
 ・ 青少年奉仕の充実
    支援の継続とローターアクターとの更なる交流の場を設け、次世代を担うリーダー
    を育成する
 ・ 対外奉仕(奉仕プロジェクト)の充実
    誰に対して何が必要かを考え、給付型と参加型のバランスのとれた効果的な
    支援を行う。
    米山奨学生やロータリー財団への協力をする
 ・ 公共イメージの向上を推進する
    HPやパンフレットのリニューアルと活用を考える

  ロータリーの基本理念を今一度念頭において、更なる親睦により更なる奉仕活動を実践し前に進んでいきたいと思います。
  西ロータリークラブの更なる発展のために、努力致します。会員の皆様、そしてロータリーファミリーの皆様、一層のご協力をよろしくお願い申し上げます。